爆賛歓(ヴァンサンカン)大将軍

毎度ギリギリスミマセン。
8月28日のキャラホビ卓番H-10monocanaにて発売します爆賛歓大将軍のレジンキャスト組み立て状態になります。
「爆賛歓大将軍」
¥16,000(前回発表時より少し下げています)
50個
*関節には市販や流用ポリパーツが別途必要になります。
以上よろしくお願いします&来場お待ちしております。
vansan001.jpg vansan002.jpg vansan003.jpg
vansan004.jpg vansan005.jpg

真呂布トールギス

Dガンダム三国伝 BraveBattleWarriorsより呂布トールギスです
ryofbbs00.jpg
呂布と玄武装呂布のニコイチで製作しています。
こう昔やった1/144ザクに旧ザクと06Rを足してパーフェクトザク作った時の様な感じですね(って、わからないと思いますので、ガンプラ世代のお父さんに聞いてみてください(笑)
キット自体は真版なので順番は逆になりますが、BB戦士もガンプラという事で進化の道を感じながらイイとこどりしての製作になります。
ryofbbs01.jpg ryofbbs02.jpg ryofbbs03.jpg
基本は呂布デザインなので、玄武装からパーツをコンバートして整理しています。
ちなみに武器の槍(破塵戟)は2分割されます。キットには説明ありませんが画像の様に肩に引っ掛ける事できます。こうすることでより元のトールギス3のイメージになります。ときた先生の漫画版ではこの状態で登場していますね。三国伝のキットの中にはこういう説明図に記載されていない形態も再現される遊びが存在していますので(謎の軸や穴あったりとか)色々検索してみるのも一興かも。
ryofbbs04.jpg
ryofbbs001.jpg ryofbbs002.jpg ryofbbs003.jpg
製作途中画像です。
・マスク→これはアニメ版の設定イメージに近かったので持ってきています(好みですね)
辮髪は一度お湯まるくんで複製し一節ごとに切り加工。ボリュームを持たせ存在感UPを図っています。三国伝のキット全般にいえますが、成形の都合上辮髪が薄いのが多いのでここのボリュームを上げてやると迫力増すと思います。
・胴体→肩等の可動域が良いので、あと、デザイン的には違ってくるけどお腹が引き締まっているのがイイので。この胴体に呂布の鎧を取り付けています(腰部分は加工が必要)
・腕→これも関節がイイから。ただし肘関節はポリのままだと弱く保持には厳しいので市販可動ジョイント(ホビーベース製)に差し替えています。腕の鎧部分の取り付けは加工あり面倒なので呂布の腕を切り取り、ジョイント用に穴を開口し取り付けた方が楽だと思います。
上腕はボリュームが欲しかったので、足首アーマーの丸パーツを複製加工してつけました。これ位たくましくないとね!
ryofbbs004.jpg ryofbbs005.jpg ryofbbs006.jpg
つや消しクリアー(7、3くらいの割合のつや消しです)吹く前の状態です。つやアリで塗装しすみ入れまで行った後につや消しとしています。この辺は好みでつやの度合い変えてみてもイイですね。
ryofbbs007.jpg ryofbbs008.jpg
最後に2人並んだところで・・って完成版では撮ってなかった!!
また、赤兎馬、天玉鎧はまた今度という事で・・では。

貂蝉キュベレイ (SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors版)

SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriorsより貂蝉キュベレイです
cyousenbbs00.jpg
漫画版に続きアニメ版デザインを元に製作しています。
以前に製作したものはこちら→http://www.monocana.com/weblog/kenmo/2008/05/post_25.html
顔くらいかな??と思っていたら実は細部やバランスが異なっておりほぼ新規にて製作しています。
cyousenbbs01.jpg cyousenbbs02.jpg cyousenbbs03.jpg
cyousenbbs04.jpg
扇子は色々悩んだあげく、プラ版に自作デカールを貼り付けています。本物の扇子の様に折り目も再現したかったんですが、時間切れでした・・またいずれかチャンスできれば直したいトコロ(羽衣も)
cyousenbbs001.jpg cyousenbbs002.jpg cyousenbbs003.jpg
製作途中画像です。
前作のを元にしていますので、基本構成は同じですが、バランスや細部異なっています。
より元のキュべレイのデザインに近い感じですね。
顔のラインは設定よりも丸め(幼い?)感じに留めています。
cyousenbbs004.jpg cyousenbbs005.jpg cyousenbbs006.jpg
そんな感じで2度目の貂蝉キュベレイでした。漫画版とは違いアニメでは生き残り呂布にどこまでもついていく事になっていますが、いずれ呂布隊も再現したいなーと思っていますが、キット化なるか!?来年の夏までになりそうになければキャラホビ用に・・とか考えてみようかな?

張苞ガンダム

BB戦士三国伝外伝より張苞(チョウホウ)ガンダムの紹介です。
cyouhou01.jpg
旧来の武者体系から三国伝体系への移行を目指し、特に「カンペイガンダム」と並べた時に違和感のない様なスタイルを目指し、アレンジについては極力行わずにパッケージのイラスト及び、元キット「ブレードガンダム」の(手や足の刀部分等)の特徴も再現する事を目指し製作しました。
とはいえ、
そのままでは若干味気無い部分もありましたし、「チョウヒガンダム」との関連性も若干強調してみたかったので、背中部分には「チョウヒ」のバックパック(?)を流用しつつも刃の取り付け方を変更し親子差みたいな物も意識してみました。
「チョウヒ」(Zガンダムのフライングアーマー)に対し、「チョウホウ」(ウェイブシューターや量産型Zガンダムのウイングバインダー)イメージです(Zプラスはすでに別演者なので・・)
cyouhou02.jpg cyouhou04.jpg cyouhou05.jpg
cyouhou06.jpg cyouhou07.jpg cyouhou08.jpg
cyouhou09.jpg cyouhou10.jpg cyouhou12.jpg
ここからは製作途中画像も踏まえ、製作のレシピ等も。
cyouhou001.jpg cyouhou002.jpg cyouhou007.jpg
頭部
cyouhou009.jpg
サイズは三国伝基準にすると少し小さいかと思ったのですが、兜をつけた状態では問題無さそうだったので基本そのままにし、顔部分のみ、すこし大きめのサイズの物に変更しました。
マスク部分の形状とサイズがちょうどよかった(後はジャンクパーツにあったから)こともあり「ゲキリンショウガンダム」を使用。
三国伝からだと「バチョウガンダム」のパーツがいけそうな気もします。
・「チョウホウ」頭部から顔部分を切り取ります。その後、頬当て部分を少し広げ、そこに「ゲキリンショウ」の顔パーツをはめ込んでいます。
・首部分は「チョウホウ」腕関節パーツを合わせ2重関節を製作(これは加工後に余ったのでリサイクル)
・兜後ろ側の辮髪部分は厚みがほしかったのでエポパテで自作しています。
胴部
cyouhou005.jpg
・上半身は「チョウヒ」から流用。胸元の部分のみ「チョウホウ」から切り取った物を貼り付けて調整しています。
・胸の鎧部分は裏面にエポパテを押し付けくっつけています。
・下半身は「リュウビ」から流用。外観部分を「チョウホウ」から切り取った物を貼り付けて調整しています。
腕部
cyouhou006.jpg
拳を三国伝仕様の物に変更する為、そのサイズにあう様、腕のサイズUPを行いました。
・腕の形状については流用できそうな物が無かったので「チョウホウ」の物にプラ板を張りつけ拡大し使用。
・上腕は切り取り5?プラ棒にて製作。(この切り取った部分を首部分に転用しています)
・肩は裏面の形状に合わせプラ板を張っています。
・なお、腕→胴体への取り付けは三国伝のフォーマットにあわせてボールジョイント式に変更し取り付けています。
脚部
cyouhou003.jpg cyouhou004.jpg
ここが最大の難間でした。
サイズUPがメインの加工となりますが、元デザインの特徴から流用出来そうな物も無かった為、地道に加工していきました。
・太ももはキットについている物を加工。
・ふくらはぎはキットの物から該当部分を切り取り、ボリュームの足りない部分やヒザあて部分はエポパテで新造しています。
・ヒザの関節にあたる部分にはホビーベース社製「ホビーベースPPC可動ジョイント」を使用しています。
・足首は「リュウビ」の物を加工しています。
仕込み刀(雷影刀)部分の入る部分を切り取り、2mmプラ板から加工した部と刀を差し込んでいます。サイドアーマーはプラ板にて新造取り付けています。
デザイン的にはマーク2系の方が近いので「コウチュウガンダム」から流用した方が早い気もしました。
武器、その他
cyouhou008.jpg
・槍(ライコウ)は「チョウヒ」の物をそのまま流用しています。
・背中部分は先に記載したとおり「チョウヒ」の物を一部加工して使用、刃取り付け部分パーツには「コウメイリ・ガズィ」の扇の一部を流用しています。
塗装
パッケージイラストの雰囲気を参考にしながら塗装を行っていきました。
・白→Mr.COLOR GX1クールホワイト+グリーンを少量
・赤→Mr.COLOR GX3ハーマンレッド塗装後、ガイアカラー023スカーレットを塗装
・金→ガイアカラー010ブライトゴールド塗装後、クリアーイエロー+クリアーオレンジの混合を軽くオーバーコート
・銀→ガイアカラーEx-07シルバー
・グレー→ガイアカラーEx-02ブラック+Ex-07シルバー(少々)
基本色塗装後、エナメルカラーですみ入れを施します。
こんな感じで今までよりも詳細を記載してみました。製作の参考になれば幸いです。
次は、呂布か貂蝉の予定です。
cyousen00.jpg
では。

列伝の子供たち

komusya00.jpg
またもやお久しぶりの更新です。
次回ワンフェス開催が現時点で未定となりましたので、次回作のアイテムに関してはもう少し先の発表になりそうです。申し訳ありません。
最近DVDレンタルによると、ワタル、ワタル2がレンタルに入っていました!これはいい!資料になると
思いきやレンタル中で今日も借りれませんでした・・・・
は、さておき、今回は久々の再販のアナウンスがありました武者列伝シリーズの子供武者をUP。
購入時の参考になれば幸いです。親武者もそのうちに。
komusya2.jpg komusya3.jpg
komusya4.jpg komusya5.jpg komusya6.jpg
komusya7.jpg komusya8.jpg komusya9.jpg
komusya10.jpg komusya11.jpg komusya12.jpg
komusya13.jpg komusya14.jpg komusya15.jpg
komusya16.jpg komusya17.jpg komusya18.jpg
komusya19.jpg komusya20.jpg komusya21.jpg
komusya22.jpg komusya23.jpg

貂蝉キュベレイ

祝!「SDガンダム三国伝風雲豪傑編」2巻発売!!記念、に引っ掛けて以前に制作しました「貂蝉キュベレイ」をUP。

とは言っても、修正予定のはずがいつのまにやら一部パーツも行方不明(あぁ)だった為、以前の完成時に撮影した画像になります。スミマセン。なので、羽衣とか付いてません(汗!!)
ご存知の方もいるかもしれませんが、設定資料(コミック巻末や、WEBイラスト)と漫画本編では印象が少し違います。設定版に比べると漫画版の方がやや大人な感じがします。
今回は漫画版のイメージにて制作しています。顔の印象が一番の違いでしょうか。ややつり目にしてます。尚顔に関しては、モビルスーツと思わず、人間の顔として作ってます(でないと、中途半端なものになるので)

三国伝キットのフォーマット基準にしています(ポリキャップの配置とかは同じ)
肘、膝も可動するようにしましたが、思ったほど動かないのが寂しい所。

また、今回は珍しく?制作途中の画像も残っていましたので参考までにUPします。
この為デジカメフォルダから画像UPしてましたが、途中画像の撮影日が2007/10/11完成画像の撮影日が 2007/10/17。我ながらよく完成出来たもんだと・・(どんだけ無計画やねん!)
白、黒いパーツが流用部分。アイボリー部がエポパテです。
使用キットと使用箇所ですが、
SDキュベレイ→後頭部、スカート、脚。
シバイサザビー→顔、胴体、肩、腕、足首。
劉備ガンダム→内肩。
となっています。
基本可動部分を生かすのと、精度を出しやすくする為にキットを流用していますが、そのまま使用するとなるとサイズオーバーになるので、出来うる限り小さくします。(ポリキャップも削って切り詰めています)
ちなみに途中画像でも大きかった為(この日、ホビーショー会場にてトールギスと並べて見て愕然とし、泣く泣く削りましたから・・
細かい所だと、肘は上下逆に使用(手首のボールジョイント部を肘関節に持っていく)したりしてます。


トールギスも制作してますがいつになったら完成するのやら・・

完全善大将軍

祝!SDガンダムフォースDVD化!!
という事で、先日の大将軍祭に持ち込みました「完全善大将軍」のトイを紹介。

ご存知の方も多いかと思いますが、日本、アメリカでは残念ながら未発売だった商品です。
自分は数年前のスーフェスにて購入しました。
パッケージには一切日本語表記は無く、あるのはハングルと英語のみなので最初はパチモン(失礼)?
かと思ってしまいましたが、正規品です。
TVの方では謎のキャラクターとして時在る毎に登場して去るといったパターンで(ネタばれになるのでここでは表記しませんが、最後に正体が分かります)直接的に戦ったりした事は無かったような記憶あります。ので、このトイもただの飾る位なのかと思いきや、ビックリ!ギミック満載となっています。
先ずは大将軍本体。

モチーフはゴッドガンダムっぽいですね。(翼をつけるとなおそれらしくなります)
BBや元祖と違い、鎧部分のほとんどがPVC(MSインアクションみたいな感じ)な事もあり金メッキでは無い所が残念なんですが、ボリューム感たっぷりで、威風堂々とした大将軍らしいデザインだなぁと思いますね。
口元のおひげが特徴ですね。将ガンダムっぽい?額には大将軍の証、結晶もついてます。

TV本編では扇子をもって登場する事がほとんどで、トイにもしっかり付属してます。しかも閉じたのと開いたの2種も!えらく凝った作りです。その他、刀もちゃんと鞘から抜け手に持たせれます。

さらにTV本編では見られなかったフル装備状態も再現可能で、大目牙砲と翼を取り付ければスタンダードな大将軍スタイルとなります。

いつも乗っている白金の宝船もただの大きな乗り物という訳では無く、あっと驚く、馬に変形可能であります。デザイン的にも無理が無い?ので、トイオリジナルでは無く、当初から予定されていたギミックなんでしょうね。



さすがに鳳凰形態は無いですが、こういうおもちゃらしいギミック満載なのって楽しいですよね。
これは日本で出して欲しかったと思います。