ROBOT魂/アリオスガンダム

今月末から発売開始予定のバンダイ、ROBOT魂シリーズ。
各種ラインナップがすでに発表されていますが、第一弾となる機動戦士ガンダム00(ダブルオー)シリーズより、「アリオスガンダム」の紹介です。
先週web上にで募集しておりましたブロガーモニターに応募した所、なんと!当選、送られてきました。
木曜に応募、土曜に到着のスピードで、ウレシイサプライズでした。


まずは、MS形態から。
MSインアクションから始まった、完成品フィギュアとしてのMSも、ギアスシリーズで進化を遂げオフシュートシリーズとなり、その集大成ともいえるROBOT魂。
期待と不安を感じずにはいられませんでしたが、実物を手に取ると、その完成度の高さにビックリです!
コピーにもありますが、外装はABSをメインとしているので非常にシャープかつ清潔感のあるラインで、好印象です。特にエッジの処理はHGよりもシャープでアリオスのような直線構成デザインを本当に綺麗に再現しています。

各部のUPと関節など
ヘルメットはPVC。ここの白い塗装部分とひさし部ABS()アンテナもシャープに出来ています)
頬あての色味が若干違って見えるのが惜しい。ひさしのオレンジに引っ張られているのか?
凄いのは関節の構造。
胸中央ブロックが独立して可動し、空を飛んでいる時のポージンクがより自然に再現できるようになっています。
また、負担の掛かる部分には金属軸や見えない所でネジ止めが施されており、耐久性もかなり高いと思われます。
おもちゃとしてガシガシ遊べるという点も格段に良くなっておりストレスなく動かせます。


武器類。
メイン武装は、GNツインビームライフルとGNビームサーベル(1本)それに腕に装備されているサブマシンガン。
GNツインビームライフルは砲身の一本が可動!します。なるほどツインです(笑)
GNビームサーベルは00等と同じ形状のモノなのでしょうね。ガンダム共通の武器ですね。
サブマシンガンはアレックスのようにカバーを上にスライドすると現れます。
武器類はちょっとシンプルですね。
ただ、追加武装があるのでしょうね。キュリオスの時は発売されていなかったので、今回はフォローお願いします。


ポージング色々。
肩のバインダーが自由に動き、先にも書いた首の可動も広く、空中に飛んでいる感じがよく表現できます。
ちなみにスタンドは付属していませんのでご注意を!!
今回はオフシュート/ランスロットから流用しています。スタンドは欲しい所ですね。追加装備版等が発売されるようでしたら是非つけて欲しい所。


飛行形態です。
キュリオスと似ているようで異なる変形方法です。肩のバインダーが機首となる為かなり前後に長いモノとなります。
*念のため、こちらのスタンドも他からの流用です。商品には付いていませんのでご注意を!
正直な所、間延びしてるなーと最初は思いましたが、パースをつけて見るとノーズの長さによりかなり迫力のあるカッコいいパースとなります。
変形の際には各パーツに付けられている凸凹をはめ込む事で微妙にずれてたりする事なく形態の違いが楽しめますよ。
変形パターンも、足は伸縮してたりと、適度に簡単で、適度に複雑といったいい塩梅でカチャカチャ遊ぶのに持ってこい!何度動かしても飽きませんよ。
そして、踵には謎の穴!色々期待していいという事ですね(笑)


最後に遊びで(笑)お約束ですね(笑)

背中にも顔が!(笑)嘘です。パーツ固定用の凸がなんとなく顔に見えたから(笑)

といった所で、ラッキーにも発売前に遊べる事が出来ました。ROBOT魂シリーズ。
コードギアスのNMFにおいてもかなりの高クオリティでしたが、当然それのレベルを引き継いでさらに上を感じさせる出来は流石ですね?
要望としては、
・空中型メカにはスタンドがやはり欲しい(別売りのスタンドもありますけどね)
・ABS部がすごくカッチリ綺麗な分、PVCの一部分のダレ(今回気になったのは手の部分。ライフルのホールドがちょっと不安定)があります。ま、自分でなんとかなるレベルなんですが。
・リアスカートと股間のスタビライザーの取り付けのみC型のとめになっているので外れやすいのが気になる所。ただ、これは破損を考慮しての所なので致し方ないのかも。従来であればPVCになっている部分でしょうから。
それらの部分も補っている完成度ですし、ラインナップの豊富さがなんといっても魅力です。
個人的にはニルヴァーシュと、シリーズは違いますが、バルキリー。今回のこのシャープ感であればかなり期待出来るんではないでしょうか!
また、マイナー機体でもWEB限定発売も十分ありえるので、あれが揃わない!なんて事もフォローあると思いますし、今後の展開が楽しみです。

ガンダムエクシア

ガンダムエクシアのダメージバージョンです。

放送が開始された機動戦士ガンダムダブルオーセカンドシーズン。
その1話で印象に残ったのが、前作で受けた傷をそのままに登場したガンダムエクシア。
顔半分のメカはむき出しで、無理やり取り付けたカメラアイの赤が痛々しく、切り落とされた左腕にはマントのごとくなびかせるボロキレ!かなり男の子心をくすぐるモノではないでしょうか。

1/144のHGエクシアをベースに製作。
製作の開始は番組開始前の予告(初見はエキスポでした)を見、画面をコマ送りにしながら箇所を確認。後は、ファーストシーズンでのGNフラッグとの戦闘シーンを再確認しながら反映しています。
セカンドシーズン1話の時点では塗装開始までいってましたが、そこで剣のダメージ等も確認出来たので分かる範囲でのダメージは反映してみました。
原作版ゲッターを彷彿とさせる(ように見えた)ボロ布は不織布を使用(クロスボーンや、サンドロックカスタムについてるやつですね)考えるのめんどくさいので、そのまま塗料を筆塗りしています。

ダメージ表現はデザインナイフや、モーターツールで傷をつけています。スケール的にはオーバーすぎるのですが、ダメージというよりもクラッシュモデルに近い感じなのでいいかな?
塗装も派手目に汚しました。最近のガンダムで汚し塗装もする事なかったので楽しかったです。

という感じで、次回は満身創痍のエクシアの前にあらわれる謎の影!
みたいな感じで、00をUPします。