介護の日本語学習

「もっと介護の言葉を理解できるように・読み書きをできるように」

外国人介護職さんの日本語学習を応援!

実施学習
・EPA研修生(ベトナム)の介護福祉士
 試験に向けた勉強会
・外国人向け実務者研修を4.6月に開講
・外国人介護職員日本語学習会を実施
 ※主に、技能実習生・永住者が学習

今後は、更に「定期的な日本語学習」を準備中
(お気軽にお問合せください)

<予定>
日程: 5月より
日数: 2回程度/月
時間: 10:00~13:00
講師:日本語講師養成講座修了
        兼 介護福祉士
※介護の現場を経験している日本語講師
 が、記録などの学習も行います。


準備中の内容
① 介護記録や日誌・申し送りなどに
  つながる読み書きや理解。
② 職員同士の仕事の会話・引継ぎなど
③ 介護場面の基本的な、言葉。

※ 学習のいろいろ
・“してもらう・してあげる〟
        等の使い分け
・敬語や「て・に・お・は」等、
        助詞の使い方。
・「自立支援・尊厳」などの
     あいまいな言葉の理解。
・「わかったふり」をしないようにする
       ・・・などなど


今後は、定住者、留学生、EPA、技能実習生など、日本で暮らす外国出身の方が増えていくことから、介護の日本語学習会を行っていく予定です。
内容は、施設様の声も参考に準備して参りますのでお気軽にお問い合わせください。

※介護のおしごとを探している永住者や日本人の配偶者の方などには
見学先施設もご紹介します。
一緒にがんばりましょう!